フリード値引き情報

フリード値引き額はその都度変化していきます。現在の値引き相場は以下の通りです。

 

フリード車体値引き限界額 フリードオプション値引き率
23万円 10%~15%

合計限界値引き額→27万円

 

フリードは20万円値引き程度しかできませんし、しっかり準備をしないとトータルでマイナスになる可能性もあります。ここでは、しっかりと事前準備をして、トータルで60万円コストダウンする方法をご紹介していますので、ぜひ一度お読みください。

 

最初はフリード値引きの下準備をしよう

フリードを購入するとき、今乗っている車はどうするつもりでしょうか? 多くの人が、「ディーラー下取り」を選択するつもりのはずです。そして、愛車の買取相場もいくらかわからず、「ディーラーが正しい査定をしてくれる」と思いこんでいるかもしれません。

 

しかし、愛車の買取相場をしらないままディーラー下取りを選択するお客さんのことを、営業マンは「カモがネギを背負ってやってきた」と思っています。なぜなら、ちょっと揺さぶるだけで、かんたんに契約してくれる「チョロイ客」だからです。

 

よくある例を書いてみます。

 

 

もうフリードは値引きできません…。ですが、下取り価格を20万円増額して、40万円で買取ることができますよ!


 

お客さんのほとんどは「下取りなんてどうせ安いでしょ」と思っているので、下取りアップを言われて大喜びで契約してしまいます。ですが、家に帰って何の気なしに愛車の買取相場を調べて驚愕!

 

実は愛車の買取相場が100万円だということがわかってしまうのです。

 

 

このままでは60万円近い大損となってしまいますが、時すでに遅し。いったん下取りアリで契約してしまうと、下取りナシにするのは契約違反となるのです。

 

面倒な手続きで変更できることはありますが、最悪の場合賠償金を請求されてしまうことも…。

 

このように、愛車の買取相場を知らず、ディーラー下取りで済ませようとすると、フリード値引きの土俵に立つことができないうえに、愛車を格安で買いたたかれてしまうのです。

 

逆に、愛車の買取相場を知っていれば、

 

 

下取りアップはいいけど、まだまだ相場より安いね。それだけ余力があるなら、オプション値引きしてよ。


 

こんな風に切り返すことができ、フリード値引きの交渉を有利に進めることができるようになります。

 

「下取りナシだと、値引きできないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

これは確かにその可能性もあります。

 

なので、まずは下取りアリでオデッセイの値引き交渉を進めてください。そして、交渉が煮詰まってきたら、

 

「オデッセイの値引きを頑張ってくれたので、やっぱり愛車は友だちに譲ります」

 

などといって、下取りを引き上げればOKです。

 

まだ契約前なので、下取りアリをナシにするのは自由ですし、営業マンも文句は言いません。

 

愛車の買取相場を調べる方法

愛車の買取相場は、オンライン一括査定を利用すれば簡単に調べることができます。実際に買取店に行かなくても査定が受けられるほか、複数の中古車買取店からの一括査定となるため、買取価格が高騰しやすいのがメリットです。

 

中古車買取店は全国・海外の販売ネットワークを所有しているので、ディーラー下取りよりもずっと高く買い取ることが可能なのです。海外は日本車が人気なので、海外販売ルートを持っているかどうかは大きいです。

 

 

一括査定の場合、参加業者は仮査定を出す仕組みになっています。ライバルがいくらの仮査定を出すかわからないので、できるだけ高い査定額を出そうとしますから、オークション状態になって買取額が高騰していくのです。

 

一括査定サービスはたくさんあるのですが、その中で1番人気が高いのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

 

↑の画像のように、その場ですぐに暫定相場価格が表示されます。あとは、金額をメモしておき、フリード値引き交渉に活用すればいいのです。査定自体も1分程度で完了するので、とてもかんたんです。

 

公式サイトで「下取り」VS「一括査定」の査定額比較の実例も見られるので、一度チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
>>http://a-satei.com/

 

その他の一括査定サービス

 

さらに買取価格を上げたいときは、他の一括査定サービスを合わせて利用するといいでしょう。そうするぼさらに多くの業者から査定を受けられるので、愛車の買取査定額がさらに高騰しやすくなります。

 

カーセンサー

リクルート運営の自動車ポータルサイト「カーセンサー」が行なっている一括査定サービスです。最大一括業者数が30なので、高額査定がとても出やすいのがメリットです。査定を受ける業者を選んだりも可能なので使い勝手も抜群です。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.carsensor.net/

ズバット車買取比較

地域密着系の業者とつながりの深い一括査定サイトです。郊外に住んでいるならおすすめ。最大10社の査定を受けられるので高額査定が出やすいのも魅力です。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.zba.jp/

フリード値引きの値引き事情を知ろう

フリードはホンダが発売しているコンパクトミニバンとなります。小型で運転しやすい形状ながら、7人乗りが可能ということで根強い支持があります。もともとの車体価格が安めなうえにハイブリッド対応で燃費も良く、人気もそこそこあることから、値引き相場は渋めで推移しています。フリードの値引き交渉がうまく運んでようやく25万円引きといったところです。当然きちんと交渉しないと10万円値引き程度で済まされてしまうことも多く、しっかりと交渉を進めていく必要があります。

 

フリードはホンダの車種なので、ホンダならではの交渉術を使って商談を進めていくことになります。ホンダのクルマは、何はなくともホンダ同士の競合がとても効果的です。

 

ホンダのディーラーはどこも同じ経営元なのでは?と思われるかもしれません。しかし、もともとは「クリオ店」「プリモ店」「ベルノ店」に分かれており、全て違う資本でした。今は「ホンダカーズ」に統一されていますが、実のところ経営元の違うディーラーも多数存在します。

 

見分け方は簡単です。「ホンダーカーズXX」の「XX」のところが1文字でも違えば、別資本と考えて大丈夫です。当然資本が違うのでノルマも異なり、相見積もりをすればお客さんの奪い合いをします。

 

さらに、フリードにはシエンタ(トヨタ)という強力なライバルがいます。シエンタは10年以上モデルチェンジがなく、人気も下火となっていましたが、フルモデルチェンジによって大復活を果たし、フリードから大量のお客さんを奪いました。そのため、ホンダは「シエンタ」という言葉を聞くだけでものすごく反応します。したがって、シエンタとのライバル競合も非常に効果的です。

 

フリードの値引きを行う場合、基本になるのはホンダ同士(フリード同士)の相見積もりとなります。そこに、シエンタとの競合も追加していくことで、スムーズに値引きを引き出すことができるのです。

フリード値引き交渉は3回で決める!

愛車の買取相場を把握して、フリード値引きの基礎知識を頭に入れたら、あとは交渉をするだけです。

 

ただし、ただフリードの値引き交渉をすればいいというわけではありません。初回で一発値引きが取れることはまずありませんし、何回もしつこく交渉したからといって金額が上乗せされるわけでもありません。重要なのは、3回の交渉できっちり決めること。3回以下でも、3回以上でもフリードの限界値引きは引き出せません。

 

ここでは、初回~3回目までの交渉のマニュアルをご紹介します。

初回交渉

フリード値引きの初回交渉は顔合わせ程度で十分です。ここで熱く交渉するのは避けましょう。初回は、今後の交渉のために、「フリードを買う意思をもっていること」「安くしないと契約できないかもと思わせること」が重要です。

 

実際にホンダのディーラーに顔を出してもいいのですが、すでに説明したとおり、異資本ホンダディーラーなど複数の店舗を回る必要があるので、それだけで休日がいくつもつぶれることになります。

 

なので、効率を重視するならオンライン見積り取り寄せを利用することを考えましょう。例えば自動車情報サイトの「オートックワン」を利用すれば、パソコンもしくはスマホをつかって、かんたんに全国のディーラーから見積もり取り寄せが可能です。フリードの初回交渉のカットだけでなく、「見積もりを取り寄せたホット客」という印象をつけることができます。

 

実際お店に行くにしても、オンライン取り寄せにしても、大切なのは「フリードの見積もりを取る」ことです。それさえしておけば、ディーラーに購入意思が伝わるので、やる気を出してもらえます。

 

全国のディーラーから新車見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら

 

⇒ http://autoc-one.jp/

 

ホンダ同士競合にしても、ライバル車種競合にしても、対抗店舗でも見積もりはとっておかないといけません。そうしないと、せっかくフリードと競合させてもリアリティがなく、見破られてしまいます。なので、対抗店舗でも同様に見積もりはとっておきましょう。もちろん、できるなら試乗もしておいたほうがいいです。

 

また、何店舗か見積りを取ると、反応のいいディーラーが出てくるので、そこを本命にするというのも手です。

2回目交渉

フリード2回目交渉は、初回とはうってかわって本気で交渉していきましょう。

 

2回目もしっかり来店してくれるお客さんはディーラーにとっても大切なお客さんなので、しっかり話を聞いてくれます。

 

ここで行うのは以下のとおりです。

  1. 対抗店舗の見積書を用意して圧力をかける
  2. 対抗店舗の見積書はあえて見せないようにする
  3. フリードのオプション値引きも引き出していく
  4. 時間をかけてじっくり交渉し、限界まで交渉を煮詰める
  5. 契約をぐっとこらえて、帰宅する

対抗店舗の見積書を容易しておいたうえで「あのお店だと安いんだよな」などとプレッシャーをかけると、営業マンはフリードの値引き上乗せをしてくる傾向があります。

 

このとき、他店の見積書は見せないでください。見せてしまうと、その値引き額が基準になって限界値引きが難しくなります。「見せて」と言われても、「他店に迷惑がかかるから」といって断りましょう。見せないけど手元にはあるという事実があれば、十分相手に圧力をかけることができます。

 

さらに、フリードのオプション値引きもとりにいきましょう。「予算に余裕がない」などといえば、15%程度のオプション値引きはかんたんに引き出せます。

 

このころには営業マンは熱くなって「すぐフリードの契約を!」と言ってきます。しかし、ここはこらえて「家族会議で決める」などといって帰宅します。

3回目交渉

ついに3回目の交渉です。さすがに3回目ともなると営業マンも契約できる気でいるので、ここぞとばかりに条件を出しまくりましょう。

 

フリードの値引き増額はもちろんですが、諸費用のカット、ガソリン満タン納車などありとあらゆる条件をどんどん提示して、予算に近づけましょう。もちろん、フリード購入用予算を達成したら欲張らず、契約してあげることも忘れずに。交渉を引き延ばしすぎると、「この人は契約する気がない」と見なされて一気に交渉が冷え込みます。

 

フリードの商談に効果があるとっておきの交渉術をいくつか紹介しますので、ここぞというときに使ってみてください。

 

ハンコを取り出して、「フリードを●●万円値引きしてくれるなら、この場で契約する!」と迫る。
「嫁さんがシエンタがいいといっている。なんとかしてほしい」と泣き落としをする
契約寸前で「●●のオプションが欲しいんだった…予算足りないな、どうにかしてよ」と言って土壇場でオプション値引きを引き出す

 

まとめ

愛車の買取相場を調べるのは必須!

愛車の買取相場を知らないでいると、フリードの値引き交渉をうまく進めるのは不可能です。

 

一括査定サービスなどを使って、愛車の買取相場は事前に調べておきましょう。

おすすめの一括査定サービスはこちら
>>http://a-satei.com/

フリードならではの値引き術を押さえよう

フリードはホンダのクルマとなります。なので、ホンダ同士の相見積もりが効果大です。

 

さらに、シエンタなどのライバル車種と絡めることで、値引きを増やしていくことができます。

交渉は3回でバシっと決める

フリード値引き交渉は何回もやってしまうと逆効果です。なので、3回でバシッと決めるようにしましょう。

 

万が一3回目で満足行く結果がでなかったときは、別のディーラーに行って同じようにフリードの交渉を進めましょう。そうすれば、いずれは限界値引きを得ることができます。

 

郊外よりも、都心部の方が値引きは引き出しやすい傾向があるあので、もし失敗したら都心部のディーラーを狙ってみましょう。

 

全国のディーラーから新車見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら

 

⇒ http://autoc-one.jp/

 

 

以上のポイントをふまえて交渉していけば、愛車の売却で20~30万円、フリードの値引きで20~25万円値引きが可能となり、トータル60万円程度のコストカットができるはずです。

 

フリード値引きの基礎知識

 

フリードの値引き目標を間違えない

 

フリードの交渉をするまえに理解しておいてほしいことがあります。それは、「フリードの車体値引きとオプション値引きは別物」ということです。通常、オプション値引きは車体値引きとは別で、オプション料金の10~15%ほどが値引かれることになります。

 

フリードの値引きについて調べていると、だんだんと「値引きは簡単だ、50万円くらい簡単にフリードを値引きできる」と思うようになりがちです。しかし、大幅値引きはオプションを100万くらいつけた場合に出るものです。しかし、「オプション値引きは別物」ということをわかっていないと、50万円値引きできないことに焦ってしまい、しつこく無理な交渉をしてしまって時間を浪費してしまうことになります。

 

営業マンも同じ人ですから、しつこく無理な要求をしてくるお客さん相手だと対応も雑になります。しかし、きちんとフリードの値引き目標を持っていれば、「この人はここまで値引きすれば契約してくれるな」と認識してくれて、丁寧に対応してくれるようになるのです。