困ったときは妻に頼ろう

困ったときは妻に頼ろう

契約日 2014年12月
納期 2カ月
車体値引き額 192,281円
オプション値引き額 127,611円
その他値引き 60,000円
値引き総額 319,892円
下取り あり
愛車の売却額 35万円

 

大本命はフリードですが、スペイドを競合させての値引狙いです。具体的な作戦は「家計を握ってる妻の本命はスペイド」であることを前面に出して、自分とセールスさんで妻を説得したい、そのための値引きをお願いするという形です。

 

まずは自分一人で商談にのぞみ、支払総額220万円まで落としたところで、「もうちょっとなんとかしてもらえないと妻が」という形で妻も参戦。打ち合わせどおり、妻に「200万まで引いてくれたら買ってもいい」とセールスさんをあおってもらいます。

 

これはかなり効果があったようで、最終値引き額は車両本体19万2281円引き、付属品23万6122円から12万7611円引き、下取り額35万円を差し引いた支払総額は202万円という結果になりました。

 

ギリギリのところで、200万までは下がりませんでしたが、強気の値段設定にしなければここまで下がることはなかったと思います。

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

渋すぎる時は一旦距離を取ろう
あまりにも値下げが渋いときは時間をおいてみましょう、状況が好転することもあります