特徴・魅力のレビュー!

ハイブリッドの低燃費とコンパクトさが魅力のフリード

フリードはホンダが発売しているミニバンです。コンパクトカーのようなサイズなのに7人乗りが可能なモデルもあり、多人数ででかける機会の多い若者に人気があります。2列目は前方に折りたたむタンブル式が採用されており、荷室を大きく取れる工夫も施されています。

 

6人乗りモデルの場合、2列目もキャプテンシートとなり2人掛けでゆったりしています。また20センチのスライド幅があるので、限界までスライドさせた場合はかなり荷室が広く使えます。7人乗りの場合は2列目は3人掛けとなります。

 

エンジンは1500ccガソリンエンジンと、1500cc+モーターのハイブリッド2種類を用意しています。また、ハイブリッドモデルでは、従来荷室の下にあったIPU(インテリジェントパワーユニット)を前席下に設置したため、後輪側スペースが空き、4WDを設定可能となっています。また、燃費まわりにも改良がくわえられ、ハイブリッドの場合は27.2km/リットル、ガソリンエンジンでも19.0km/リットル燃費性能を誇っており、一般的なガソリンエンジンのミニバンに比べるとかなり低燃費となります。

 

またハイブリッドはモーター付属となりますので、その分パワー感が増し、スムーズに加速することができるという特徴もあります。

 

フリードの値引き状況はどう?

 

モデルチェンジ後となるため本体値引きはかなり渋めとなっています。付属品などの値引き、さらには下取り価格アップや他社買取などを活用して、トータルコストを下げていく工夫が必要となるでしょう。

 

値引き拡大のポイントはホンダカーズ店同士の競合です。どの店舗も在庫が余っているので、在庫同士をぶつけると値引き幅が拡大しやすくなります。また、ライバル車種のシエンタの見積書を用意すれば、営業マンも慌てて値引き幅を広げる傾向があります。

 

フリード主要緒元表

 

最高出力 110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク 13.7kg・m(134N・m)/5000rpm
種類 水冷直列4気筒SOHC16バルブ
総排気量 1496cc
内径×行程 73.0mm×89.4mm
燃料タンク容量 36リットル
JC08モード燃費 27.2km/リットル
タイヤサイズ(前) 185/70R14 88S
タイヤサイズ(後) 185/70R14 88S
最小回転半径 5.2m
駆動方式 FF
トランスミッション CVT(無段変速車)


愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/