フリードの燃費比較

フリードのハイブリッドは燃費性能は高い

新型フリードはコンパクトサイズとはいえ多人数乗り可能なミニバンとなります。ミニバンは「燃費がよくないのではないか」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

まずは、フリードのJC08モードの燃費性能を見てみましょう。

 

エンジン種別 パワーユニット 燃費
ハイブリッド(FF) 1500ccエンジン+モーター 27.2km/リットル
ハイブリッド(4WD) 1500ccエンジン+モーター 25.2km/リットル
ガソリンエンジン(FF) 1500ccエンジン 19.0km/リットル
ガソリンエンジン(4WD) 1500ccエンジン 17.6km/リットル

 

フリードのハイブリッドの燃費について

 

はじめにフリードのハイブリッドの燃費性能についてですが、27.2km/リットルとなり、かなり高い数値を誇っています。この数値が高いかどうかは、他のメーカーの似たような車種と比べることで見えてきます。現在のところ類似車種はあまりないのですが、トヨタのシエンタがハイブリッドを採用しており燃費性能が似ていますので比べてみましょう。

 

フリードハイブリッド 27.2km/リットル
シエンタハイブリッド 27.2km/リットル
セレナ 16.6km/リットル

 

新型フリードにモデルチェンジされて燃費性能は大幅に向上し、シエンタとまったく同じスペックとなっています。旧型フリードのときはシエンタに燃費で負けていたので、同じレベルにまで上げてきたのは明らかに意識しているでしょう。

 

また、その他のミニバンとの比較では差が顕著で、例えばセレナとは圧倒的な燃費性能差となっています。セレナはコンパクトタイプではないので一概に比較はできませんが、7人乗り可能な車としてはフリードの方がはるかに低燃費と言えるでしょう。

 

ただ、実際の燃費は走ってみなければわからないところがあります。事実、実燃費に関しては「フリードのほうがいい」「シエンタの方が経済的」などいろいろな口コミ情報もあります。この記事の最後に実燃費についても紹介していますのでご覧ください。

 

フリードのガソリンエンジンタイプの燃費性能

 

フリードはガソリンエンジンタイプを選ぶこともできます。車体価格がハイブリッドに比べて安いので、ガソリンタイプを選ぶドライバーも多いです。

 

ガソリンエンジンタイプの場合、ライバルは複数台ありますのでまずは比較してみましょう。

 

車種名 燃費性能
フリード(ホンダ) 19.0km/リットル
シエンタ(トヨタ) 20.2km/リットル
ウィッシュ(トヨタ) 16.0km/リットル
プレマシー(マツダ) 16.2km/リットル

 

ガソリンエンジンタイプについては、シエンタの方がフリードに比べて若干勝っています。ただ、それほど大きな差はなく、実燃費に関しては状況次第では拮抗するでしょう。

 

そして、他社の同種ミニバンとしてはウィッシュやプレマシーなどがありますが、ガソリンエンジンタイプに関してはほとんど燃費性能差はありません。今後はどの車種もシエンタの燃費性能を目標に改良を重ねていくことになると思いますが、現状としてはどの車種を選んでも燃費性能差については気にしなくてよいということが言えるでしょう。

 

2WDと4WDの燃費性能差

 

最後はフリードの2WDと4WDの燃費性能を比較してみましょう。通常、4WDになると燃費性能は落ちてしまうのですが、フリードはどの程度なのでしょうか?

 

車種 駆動方式 燃費性能(JC08モード)
フリード 2WD 19.0km/リットル
フリード 4WD 17.6km/リットル
シエンタ 2WD 20.2km/リットル
シエンタ 4WD 15.4km/リットル

 

まずフリードについてですが、4WDを選択しても燃費性能はそれほど落ちず、17.6km/リットルを保っています。燃費性能低下率は10%程度でおさえています。

 

ここで、他の車種と比べてみると違うことが見えてきます。例えばライバルのシエンタですが、2WDの場合20.2km/リットルもの燃費性能を誇っているものの、4WDだと15.4km/リットルと燃費性能はガクっと落ちてしまいます。低下率でいうと25%ほどの燃費性能ダウンです。
(※シエンタハイブリッドは2WDのみなので4WDは省略)

 

そう考えると、4WDにしたときの燃費性能低下率に関してはフリードの方が優れているということになります。数値そのものだけみてもフリードのほうが上なので、4WDを選んだ場合はフリードの方がお得感があるということが言えます。

 

フリードの実燃費を検討しよう

 

フリードの燃費性能について検討してきましたが、これはあくまでカタログ上の数値です。現実にかかるコストなどに関しては実燃費のデータがなければ参考にはなりません。

 

そのため、実燃費について気になるドライバーも多いでしょう。

 

まずは、ガソリン・ハイブリッドの実際の試乗データを紹介します。

 

ガソリン・ハイブリッドともにそれほど長い距離ではないので、正確な数値ではありませんが、実燃費データについては↓となりました。

 

条件:2名乗車、フルオートエアコン25度設定

ハイブリッド 22.5km/リットル(実燃費)
ガソリン車 12.5km/リットル(実燃費)

 

エアコンを使用しているのに、ハイブリッド派22.5km/リットルというかなり高い数値を叩きだしました。この試乗では街乗り中心でしたが、一定速度で郊外などを走っていればさらに燃費は向上した可能性もあります。

 

一方、ガソリン車の方は平凡な数値に見えますが、コンパクトとはいえミニバンタイプのフリードとしてはかなり高い数値です。とはいえ、ハイブリッドに比べると燃費コストは若干高くなりそうです。

 

その他のフリード試乗徹底レポートについては↓をご覧ください。

 

>>新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

また、実燃費については、走行環境や運転のやり方で全然違ってくるので一概には言えませんが、他のドライバーの口コミデータを見るとある程度の実像は見えてきます。

 

ここでは、実燃費のデータが全国から集まる「みんカラ」を解析してみました。新型フリードの情報はまだ少ないですが、旧型フリードに関しては6000人近いドライバーが燃費性能の口コミを投稿しており、信頼度の高い実燃費データを見ることができます。

ハイブリッド実燃費

 

フリードハイブリッド平均実燃費 15.68km/リットル

 

フリードのJC08モードの燃費性能が21.6km/リットルであることを考えると、実燃費は25%ダウン程度なのでそれなりに優秀な性能だということができます。例えばシエンタのJC08モード燃費性能は27.2km/リットルとなりますが、平均実燃費は19.12km/リットルとなっており、実燃費は30%程度ダウンします。

 

もちろん運転環境によっても変わってくるところはありますが、フリードはカタログ燃費性能に近い数値が出るという点で言えば燃費はかなり良い方と言うことができるでしょう。

 

ガソリンエンジン実燃費

 

フリードガソリンエンジン平均実燃費 12.50km/リットル

 

こちらに関しては、JC08モードの燃費性能が16.0km/リットルであることを考えると、実燃費の低下率は約28%となりそこそこの数値です。燃費性能一桁代の報告はほとんどなく、安定して低燃費で走行できると考えていいでしょう。

 

みんカラ:http://minkara.carview.co.jp/car/honda/freed_hybrid/nenpi/

 

まとめ

 

ハイブリッドの場合、カタログ燃費性能としては平均値といったところですが、実燃費の燃費定価率が優秀なので、実際に乗ってみても悪いという印象はそれほど受けないことが多いようです。また、ガソリンエンジンの場合も、燃費性能が1ケタ台になることはほとんどなく、安定して低燃費で走行することが可能です。

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/