メリット・デメリットの詳細

フリードのメリット/デメリット

フルモデルチェンジによって新型フリードが登場し、注目を集めています。一時期シエンタに押されて売り上げを落としていましたが、虎視眈々と対抗をかけて開発を進めていたようで、コンパクトカーとミニバンの良い所をしっかり両立した仕上がりになっています。

 

しかし、逆にモデルチェンジによるデメリットもないわけではありません。

 

ここでは、フリードにどんなメリット/デメリットがあるかを説明します。

 

フリードのメリット

ミニバンとコンパクトカーの良い所を両立

フリードはコンパクトミニバンというジャンルに属しています。そのため、ミニバンとコンパクトカーのメリットを両立しています。

 

6人乗りと7人乗りの2種類が用意されていますが、6人乗りの場合は2列目がキャプテンシートとなり快適性が高く、全席ウォークスルーとなってアクセス性も良好です。7人乗りの場合は6:4分割式で折りたためるので長尺荷物も積むことができます。このように、シートに関しては一般的な大人数乗りのミニバンと同様の機能を備えています。もちろん、シートを畳むとフルフラット交換が構築され、寝そべったり、大量の荷物を積んだりなども可能です。

 

一方サイズについては、全長 x 全幅 x 全高が4.265 x 1.695 x 1.710、車両重量は1400kgとなっており、これは新型プリウスと同程度。コンパクトカーと言い切れるほど小さくはありませんが、一般的なセダンタイプの車と同程度のコンパクトさを保っているのです。

 

燃費性能の高さ

燃費性能が高いといえばトヨタ車です。実際、フリードのライバル「シエンタ」も、コンパクトミニバンながら27km/リットル台の超低燃費を実現しています。

 

しかし、ホンダも最近は負けていません。新型フリードは明らかにシエンタの燃費性能を意識しており、まったく同性能の「27.2km/リットル」を達成しています。ガソリンタイプに関してはシエンタに一歩及ばないものの、それでも数値としては肉薄しており、かなり高い経済性を持っているのです。

 

>>フリードの燃費は悪いってホント?実燃費は?

 

安全性能が高い

ホンダは安全性能にもかなり力を入れているメーカーで、それはフリードにも反映されています。

 

特に目を引くのが「ホンダセンシング」です。

 

  1. 衝突軽減ブレーキ
  2. 歩行者事故低減ステアリング
  3. ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  4. LKAS(車線維持支援システム)
  5. 路外逸脱抑制機能
  6. 誤発進抑制機能
  7. 先行車発進お知らせ機能
  8. 標識認識機能

※グレードによっては搭載不可

 

8種類もの安全機能がまとめてパッケージングされており、非常に高い安全性能を発揮することができるのです。

 

フリードのデメリット

価格が高い

グレードにもよりますが、旧型に比べて全体で5~10万円程度価格がアップしています。

 

特にハイブリッド最上級グレードの「HYBRID EX」については車体価格265万円となっており、旧型の最上級グレードよりも20万円程度高くなっています。最上級グレードは本革巻きステアリングや15インチアルミホイールなどの高級装備がついているので仕方がない一面もありますが、全体的に「価格が高い」という印象があるかもしれません。しっかりと値引きなどのコストカットをしていくことが重要となります。

グレード格差が大きい

フリードの価格差が大きいのは説明した通りですが、グレード格差もかなりあります。最廉価グレードはパワースライドドアやホンダセンシングの設定がなく、装備的はかなり貧弱です。なので、快適性を高めるには中級~上級グレードを選択する必要があり、予算がある程度かかってくることになります。

 

>>フリードのグレード比較~おすすめや違い!~

 

ホンダセンシングも割高

高い安全性能を誇るホンダセンシングですが、メーカーオプションで付ける場合は10万円近いパッケージとなっています。最初からついているグレードを選べば問題ありませんが、後から付ける場合はそれなりの出費となります。

 

メリット・デメリットのまとめ

フリードは全体的に車体価格もオプションもやや高く、予算は多めに見積もっておく必要があります。

 

しかし、価格面がデメリットといえばデメリットですが、値引きなどをしっかり行ってコストカットすれば解決できる部分ではあります。また、それ以上にフリードには燃費性能の高さや安全性の高さなどさまざまなメリットがあるのです。

 

コスト面の解決をする場合は、↓の情報を参照してください。

 

フリードの値引き【総額50万円安く買う方法】

 


愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/