フリードのインテリア・内装のカラーなどの情報

フリードのインテリアカラーや内装情報のまとめ

フリードには、4種類のインテリア・シートカラーが用意され、使い勝手のいい内装もそろっています。

 

ただし、インテリア・シートカラーはグレードごとに設定色が決まっており、自由に選べないなどの制約もあります。

 

ここでは、フリードのインテリアカラーや装備の状況をまとめたので、グレード選びの参考にしてください。

 

インテリアカラーや内装をチェック

 

まずはじめに、フリードのインテリアカラーや内装の状況について確認しましょう。

 

シート素材

  1. ファブリック

シートカラー

  1. モカ
  2.  

  3. ベージュ
  4.  

  5. ブラック
  6.  

    ※「ブラック」シートのみ、シート素材が「プライムスムース」となり、上級な質感をもたらすほか、シワなどにもなりにくい特徴を持っています。

     

インパネカラー

  1. ウォームガンメタ
  2. 白木目調
  3. 黒木目調

シート素材は1種類のみですが、シートカラーが3種類、インパネカラーが3種類から選ぶことができます。

 

フリードのインテリアカラーの組み合わせ

シートカラーとインパネカラーが複数あることはすでに紹介した通りですが、シートカラーとインパネカラーの組み合わせには制限があり、自由に選べるわけではありません。上級グレードにしか設定できない色もあるので、おそらくはグレード格差を設けるための施策でしょう。

 

それでは、実際にはどんな組み合わせなのでしょうか?以下にまとめてみました。まずは、各グレードのシートカラーについて見てみましょう。

 

グレード名 モカ ベージュ ブラック
B × ×
G ×
G ホンダセンシング
HYBRID B × ×
HYBRID G
HYBRID G ホンダセンシング
HYBRID EX × ×

 

各グレードによって、シートカラーの選択状況はかなり変わってくることがわかります。まず「モカ」については、最上級グレードの「HYBRID EX」以外のグレードが対応していますが、逆に「ブラック」に関しては最廉価グレードの「B」「HYBRID B」以外対応となっています。ベージュに関しては選択肢が限られてくるので、ベージュのシートカラーを選ぶ場合は、グレード選びが重要です。

 

インパネカラーについて

次にインパネ素材についてです。すでに紹介した通り、

インパネカラー

  1. ウォームガンメタ
  2. 白木目調
  3. 黒木目調

の3種類があります。グレードごとの対応状況は以下のとおりです。

 

インパネカラー シートカラー
ウォームガンメタ モカ(B,HYBRID B限定)
白木目調 モカ、ベージュ
黒木目調 ブラック

 

↑にある通り、インパネカラーはシートカラーに合わせて選択される形になっています。

 

シートカラー、インパネカラー総評

まず最廉価グレードの「B」「HYBRID B」については、シートカラー「モカ」、インパネカラー「ウォームガンメタ」固定となります。また、最上級グレードの「HYBRID EX」についても、シートカラー「ブラック」、インパネカラー「黒木目調」固定です。

 

その他のグレードについては、シートカラー「ベージュ」「ブラック」、インパネカラー「白木目調」「黒木目調」から選ぶことになります。

 

フリードのインテリア装備状況

 

フリードのインテリア装備状況も、グレードごとに違います。まずは主な違いを取り上げます。

 

  1. フルオートエアコン(プラズマクラスター)
  2. フルオートエアコンは全車標準装備ですが、「プラズマクラスター機能」に格差があります。

     

  3. スピーカー
  4. 2スピーカーと4スピーカー搭載車の違いがあります。

     

  5. 本革巻きステアリング
  6. ステアリング素材が本革巻きタイプになるグレードがあります。

     

  7. ロールサンシェイド
  8. 日光をさえぎるロール式のサンシェイドが付属します。

     

  9. センターテーブル
  10. センターテーブルが付属し、軽食などを取るときに活躍します。

 

オプション名 HYBRID G ホンダセンシング/EX G G ホンダセンシング
プラズマクラスター機能(エアコン)

△(HYBRID Gの4WDおよびEXは○)

△(4WDは○)

△(4WDは○)

スピーカー

4

2

2

本革巻きステアリング

△(HYBRID EXは○)

ロールサンシェイド

△(HYBRID Gの4WDおよびEXは○)

△(4WDは○)

△(4WDは○)

センターテーブル

※「△」はメーカーオプションです。
※「B」および「HYBRID B」は上記すべての装備が不利な方の条件となっています。

 

全体的にハイブリッドグレードの方がインテリアはやや優勢となっています。ただ、ガソリンエンジングレードもメーカーオプションによって装備追加は可能なので、気になる装備については追加が可能となっています。

 

また、4WDにすると追加される装備も多いので、装備追加を主目的にして4WDを選択するのもアリでしょう。

 

インテリア・内装まとめ

フリードはシートカラーやインパネカラーを複数用意していますが、組み合わせには制限があるので、好みのシートカラーなどがある場合は事前に対応グレードを調べておきましょう。

 

グレード比較まとめについては、↓の記事をご覧ください。

 

>>フリードのグレード比較~おすすめや違い!~


愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/