マルチインフォメーションディスプレイのイルミネーションについて

マルチインフォメーションディスプレイの詳細

フリードのスピードメーターには液晶タイプの「マルチインフォメーションディスプレイ」が採用されています。車種によってはグレードごとにディスプレイ形式が違うことがありますが、フリードの場合はグレード格差はありません。

 

ただし、ハイブリッドとガソリンエンジンで表示される内容がやや異なります。

 

共通項目 スピードメーター(デジタル表示)、シフトポジション、燃料残量、燃費状況、各種通知(シートベルト装着など)時刻、外気温、走行距離
ハイブリッド 電池残量など
項目名 タコメーターなど

※ホンダセンシング装備車では、メーター左側に表示機能が統合されます。

 

また、ディスプレイ左側に表示する内容は変更可能です。

 

  1. 平均燃費/瞬間燃費表示/航続可能距離
  2. 平均車速&過時間表示
  3. 警告画面
  4. 標識認識機能
  5. 信号情報活用運転システム
  6. タイヤ角度モニター

 

その時々の状況に合わせて、最適な表示に切り替えることで、快適にドライブをすることができます。

 

グレードによっては装備されない

マルチインフォメーションディスプレイは、最廉価グレードの「B」には搭載されません。また、「G」グレードについてもメーカーオプション扱いとなります。

 

>>おすすめメーカーオプションや安全機能のまとめ

 

マルチインフォメーションディスプレイの6色のイルミネーション機能

 

フリードのマルチインフォメーションディスプレイは6色切り替え式のイルミネーション機能を備えており、そのときの気分で色合いを変更することができます。対応しているカラーバリエーションは以下の通りです。

カラー名 画像

バイオレット

ピンク

アンバー

イエロー

ブルー

レッド

 

マルチインフォメーションディスプレイの色は、ディスプレイ上の操作で簡単に切り替えることができます。

 

エアコンのイルミネーションもある

イルミネーションはマルチインフォメーションディスプレイだけでなく、エアコンの操作部にも搭載されています。

 

温度を下げる
温度を上げる

 

↑のように、エアコンの温度を上げると赤色に、温度を下げると青色になり、視覚的に自分が行なった操作がわかるようになっており、誤動作を防ぐことができます。

 

※マルチインフォメーションディスプレイのイルミネーションを「ブルー」もしくは「レッド」に設定している場合、エアコンイルミネーションの色は「白」となります。これはディスプレイの色とエアコンイルミネーションの色を混同してしまう恐れがあるためです。

 

ボディやシートのカラーバリエーションについては、以下のページをご覧ください。

 

>>人気の高いボディカラーランキングと各色の魅力解説

 

>>インテリア・内装のカラーや特徴まとめ


愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/