おすすめのメーカーオプションやパッケージオプションの解説

フリードのメーカーオプション情報解説

フリードにはメーカーオプションがいくつも存在していますが、グレードによって対応状況が違うので「どのオプションを選べばいいのか」と悩んでいる人もいるでしょう。

 

ここでは、フリードのメーカーオプションの価格や装備状況などについて解説し、追加したほうがいいおすすめオプションをご紹介します。

 

メーカーオプションの価格と対応状況

運転支援系メーカーオプション

ホンダセンシング
オプション名

G ホンダセンシング/HYBRID G ホンダセンシング/HYBRID EX

G

ホンダセンシング

標準装備

メーカーオプション(\108,000)

※最廉価グレードの「B」と「HYBRID B」は非搭載、メーカーオプション追加も不可

 

ホンダセンシングはホンダが提供している安全機能のパッケージオプションで、フリードにも搭載可能です。

 

グレード名に「ホンダセンシング」とついているものに関しては標準装備となっているのはいいのですが、HYBRID EXにも標準装備ととなっている点には注意が必要です。そのため、メーカーオプション追加可能なのは「G」のみとなります。

 

「GにホンダセンシングをつけたのがG ホンダセンシングじゃないの?」という疑問があるかもしれません。実はそうではなく、「G ホンダセンシング」には、ホンダセンシング以外のさまざまな装備が追加されています。そのため、差額も12万円近くになっており、ホンダセンシング以上の価格上昇となっています。ただ、追加される装備を考えるとはじめから「G ホンダセンシング」を選んだほうがいいでしょう。ホンダセンシングの詳細は、↓のページをご参照ください。

 

>>ホンダセンシングやフリードの安全性能情報

 

i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

 

 

オプション名 HYBRID EX HYBRID G ホンダセンシング/G ホンダセンシング

i-サイドエアバッグシステム+
サイドカーテンエアバッグシステム

標準装備

メーカーオプション(\48,600)

※最廉価グレードの「B」と「HYBRID B」、さらに「G」グレードは非搭載、メーカーオプション追加も不可

 

1列目シートのサイドエアバッグと、1~3列目のサイドカーテンエアバッグについては標準装備は「HYBRID EX」のみで、メーカーオプション追加は「HYBRID G ホンダセンシング」と「G ホンダセンシング」で可能となっています。

 

快適装備系メーカーオプション

パワースライドドア

 

 

オプション名

HYBRID G ホンダセンシング/HYBRID EX/G ホンダセンシング

G

オートスライドドア

両側

左側(右側はメーカーオプション、\54,500)

※最廉価グレードの「B」と「HYBRID B」はオートスライドなし、メーカーオプション追加も不可

 

オートスライドドアについては、最廉価グレード以外は搭載済みとなります。ただ、「G」のみ標準では左側のみとなり、右側のオートスライドドアをつけるにはメーカーオプション扱いとなります。

 

マルチインフォメーション・ディスプレイ

 

 

最廉価の「B」にはマルチインフォメーションディスプレイは付きません。また、「G」についても、メーカーオプション扱いとなります。

 

メーカーパッケージオプションについて

フリードには2種類のメーカーパッケージオプションがあります。注文することで、複数のオプションをお得に付けることができます。

 

Cパッケージ

\49,100
快適性能周りのオプションがパッケージになったものです。

  1. プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン

  2. フルオートエアコン自体は全車標準装備ですが、Cパッケージを追加するとエアコンにプラズマクラスター機能が搭載されます。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  3. ロールサンシェイド(スライドドア両側)

  4. スライドドア両側に、ロール式の斜光サンシェイドを付けることができます。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  5. IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカット

  6. UVカット機能は全車標準装備。Cパッケージを追加すると、IRカット(遮熱)がフロントウィンドウに、IRカット&スーパーUVカット機能がフロントドアガラスに追加されます。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  7. コンフォートビューパッケージ

  8. Cパッケージを追加すると、ドアミラーが親水となり、ガラスにも熱腺が入って撥水仕様となって、雨天時の運転がしやすくなります。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

 

最廉価グレード「B」「HYBRID B」はCパッケージの適用はできません。また、最上級グレードの「HYBRID EX」、さらに4WD駆動車はCパッケージが標準装備となります。

 

>>4WDのハイブリッド対応や性能、価格を評価

 

Sパッケージ

\70200

  1. 本革巻きステアリングホイール

  2. ウレタン素材のステアリングが本革巻きステアリングに変更されます。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  3. コンビシート&専用インテリア

  4. 本革とプライムスムースコンビシートに加えて専用インテリアが装備されます。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  5. 15インチアルミホイール

  6. スチールホイールがアルミホイールに変更され、足回りの質感がアップします。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

     

  7. シートバックアッパーポケット(運転席、助手席)

  8. 運転席、助手席の後ろにポケットが装備され、収納の使勝手がアップします。
    対応グレード:HYBRID G ホンダセンシング/G/G ホンダセンシング

 

最廉価グレード「B」「HYBRID B」はCパッケージの適用はできません。また、最上級グレードの「HYBRID EX」はCパッケージが標準装備となります。

 

おすすめのメーカーオプションは?

ここまでフリードのメーカーオプションを紹介してきましたが、その中でおすすめ・人気のオプションを紹介します。

 

ホンダセンシング

価格の割に搭載される安全機能が多いので、ホンダセンシングはなるべく付けがほうがよいでしょう。その方が、将来フリードを売却するときのリセールバリューも増すはずです。

 

i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

どれだけ安全機能が充実していても、接触事故を起こしてしまうことは防ぎきれません。安全運転は必須ですが、それでも事故を起こしてしまったときのために、全方位から守ってくれるサイドエアバッグ類は必須です。

 

Cパッケージ

快適性能がアップするオプションが4つもついて\49,100はとてもオトクです。予算に余裕があるならぜひ付けておきたいところです。

 

メーカーオプションはどうしても追加料金がかかるため、予算に不安があるという人もいるでしょう。フリードの値引き情報を↓に掲載しているので、ぜひご覧になってコストカットに挑戦してください。

 

>>フリードの値引き【総額50万円安く買う方法】

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/