ホンダセンシングやフリードの安全性能情報

フリードに搭載できるホンダセンシングって何?

ホンダが「事故に遭わない社会」を目指して導入している先進安全運転支援システムが「ホンダセンシング」です。ミリ波レーダーと単眼カメラの2本立てセンサーによって、自車前の状況を察知し、ブレーキやステアリングのコントロールを行うことができます。そのため、事故を回避し安全なドライブを楽しむことが可能です。

 

フリードに先んじてオデッセイやステップワゴンなどの車種には採用済みとなっており、フリードもモデルチェンジによってホンダセンシングが導入されることになりました。

 

ホンダセンシングが実現する8つの安全機能

ホンダセンシングに搭載される機能は下記の8種類です。どれもドライバーが不注意を起こすことによって陥る状況を、システムが代わりにサポートすることで事故の可能性を軽減することができる機能となっています。

 

また、クルーズコントロールなどのドライバー疲労軽減機能も備わっており、疲れて集中力がなくなる現象も事前に抑えることができるようになっています。

 

まずは8つの機能の詳細を解説します。

 

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

5km/h程度の低速運行中に、フリードとの速度差が5km/h以上ある前方の車は歩行者がいた場合に、自動でブレーキが作動します。減速や停止をすることによって衝突を回避したり、衝突時の衝撃を減らします。

 

歩行者自己低減ステアリング

10~40km/h程度で走行中、うっかり車線を外れて路側帯に入ってしまったときに、音や表示で警告を表示します。また、ぶつかりそうになる場合はステアリングを自動コントロールして回避操作を行います。なお、加速/ブレーキ時やウィンカーが点灯時は作動しません。

 

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

アクセルを操作しなくても、速度を維持できます。フリードの前を走る車を検知できるので、前方の車と車間距離を保ちつつ適切な車速で走ることが可能です。

 

車線維持支援システム(LKAS)

約65~100km/hの比較的高速走行中に、車線中央に沿って走れるようにステアリング操作をサポートします。車線から外れる操作を行うと、ステアリングが振動したり、ディスプレイ表示で警告します。

 

路外逸脱抑制機能

約60~100km/hで走行中に車線を外れそうな操作をすると、ディスプレイ表示やステアリング振動で警告し、それでもなお逸脱を続けるとブレーキやステアリング自動操作が行われます。

 

誤発進抑制機能

停車中、もしくは10km/h以下の低速走行中に、フリードの前に障害物があるのに急発進を行うと自動的にブレーキがかかり、急発進を防止します。

 

先行車発進お知らせ機能

フリードの前を走る車との車間距離が10m以内の状態で停止中に、先行車が発信したのに停止を続けていると、ブザーとディスプレイ表示で警告します。

 

標識認識機能

制限速度やはみだし通行禁止、一時停止などの標識を認識してディスプレイに表示します。なお、一時停止と進入禁止については約60km/h以内で走行時しか動作しないため、慌てて急停止して事故を起こすこともありません。(もちろん、制限速度を守って安全に停止するのが第一です)

 

 

 

もちろん、ホンダセンシングにこれだけの機能があるからといって過信は禁物です。それぞれの機能には動作速度があるので、例えば制限速度を超過していると動作しないことがあります。したがって、いい加減に走っていても安全、というものではなく、あくまで安全運転をしていて、そのうえでさらに「うっかり」をサポートしてくれるものということを忘れないでください。

 

なお、フリードのホンダセンシングはグレードによってはメーカーオプションとなります。各種メーカーオプションの状況については↓の記事をご覧ください。

 

>>おすすめメーカーオプションやパッケージオプションのまとめ

 

また、ホンダセンシングは約10万円のパッケージオプションとなります。そのため搭載するとそのぶんコストがかかります。フリードを値引きしてコストカットする方法を↓の記事で紹介しているのでご覧ください。

 

>>フリードの値引き【総額50万円安く買う方法】

 

フリードのその他の安全機能について

フリードで利用できる安全機能はホンダセンシングだけではありません。ここではその他の安全性能について解説します。

 

全車標準の安全機能・装備

運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグシステム 

衝突時にエアバッグが稼働し、衝撃を軽減します。

 

EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

急ブレーキをかけた時などにタイヤがロックするのを防ぎ、制動距離を短くします。

 

VSA(車両挙動安定化制御システム)

横滑りを防止する機能です。

 

エマージェンシーストップシグナル

急ブレーキをかけたときに、ブレーキランプだけでなくハザードランプも点灯し、後続車に注意を促します。

グレード格差のある安全機能・装備

クルーズコントロール

ホンダセンシングを搭載していない場合でも、クルーズコントロールは利用可能です。ただ、ACCとは異なり、車間距離を保つ機能などはありません。そのため、安全性については若干劣っています。

 

i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

横からの衝撃を緩和するサイドエアバッグシステムです。1列目だけでなく、2~3列目の衝撃緩和にも役立ちます。

 

その他のグレード格差やおすすめグレードについては、↓のページで解説しています。

 

>>フリードのグレード比較~おすすめや違い!~

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/