荷室の広さは?ゴルフバッグや自転車は入る?

フリードの荷室を上手に使う方法

ここでは、フリードの荷室について紹介します。まず基本スペックを確認しておきましょう。

 

 

開口部高さ 1,110mm
開口部最大幅 1,080mm
開口部地上高 480mm
ラゲッジスペース高さ 1,255mm

 

フルサイズミニバンに比べるとやや見劣りするかもしれませんが、箱型デザインとなっており、なおかつ多彩なシートアレンジが可能なため思いのほか広い荷室が実現されています。

 

また、開口部地上高が480mmと、シエンタの505mmよりも低くなっており、重い荷物の積み下ろしもしやすくなっている点も魅力です。

 

荷物はどのくらい搭載できる?

フリードは3列目まであるミニバン系の車種となるため、大人数が乗っているときはあまり荷物が搭載できません。しかし、3列目、2列目を畳むといきなり広大な荷室が広がることになり、さまざまな大荷物を積むことができます。

 

ここでは、シート状況ごとに、荷物がどの程度積載できるかを荷物の種類ごとに紹介します。

 

ゴルフバッグ

 

3列目使用時 ×
3列目格納時 2~3個
2列目半分格納 4~5個
2列目全部格納 5~6個

 

3列目を格納しない場合、荷室がせまいのでゴルフバッグを荷室に積むことはできません。しかし、3列目を格納した場合は横積みで2~3個収納可能です。さらに、2列目を半分、おしくはすべて倒すと奥に倒して入れることができるので、さらに搭載数は増えます。

 

一番ベストのシチュエーションは3人でゴルフに出かける場合で、2列目を半分倒すことで3人乗車し、さらに余裕をもってゴルフバッグやその他の荷物などを積むことができます。4人以上だと2列目が倒せないので、全員分のゴルフバッグを積むのは難しくなるでしょう。

 

自転車

 

3列目使用時 ×
3列目格納時 折り畳み式自転車1台
2列目半分格納 折り畳み式自転車1~2台、24インチの自転車1台
2列目全部格納 折り畳み式自転車2台、26インチの自転車1台

 

分解可能、もしくは折り畳み可能な自転車であれば、3列目を格納すれば十分積載可能です。また、2列目を半分格納すれば、24インチ程度の小さめの自転車であれば2列目スペースに差し入れることで搭載できます。

 

2列目をすべて格納した場合は、小さめの自転車2台、もしくは大きめの26インチ程度の自転車でも斜めにすることで搭載可能です。

 

ベビーカー

 

3列目使用時 ×
3列目半分格納 B型ベビーカー搭載可能
3列目全部格納 A型1台、B型ベビーカーなら2台搭載可能

 

3列目を使用している場合、ベビーカーは折りたたんでも入りません。しかし、3列目を半分格納すれば、B型ベビーカーなら十分収納することができます。

 

また、3列目をすべて可能すれば、B型なら2台、A型でも1台なら収納可能です。

 

3列目使用時の荷室状況

フリードは乗車空間確保のため、3列目シートはバックドアギリギリに配置されています。そのため、3列目までフルで使用中は、荷室はそれほど広くありません。とはいえ、買い物袋やちょっとした荷物程度なら積み込めます。また、フル乗車でないなら、3列目を半分だけ畳むことである程度の荷室が確保できるので、そこにトイレットペーパーやティッシュペーパーなどある程度大きい荷物を積むことも可能です。

 

その都度、乗車人数に合わせてシートアレンジをしていくことが重要です。シートアレンジの詳細については、↓の記事をご覧ください。

 

>>シートアレンジ紹介|2列目と3列目の使用感と車中泊

 

また、実際のフリードの荷室の試乗レポートや画像解説については、以下の記事をご覧ください。

 

>>新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/