4WDのハイブリッド対応や性能、価格を評価

フリードの4WD性能や価格などのまとめ

新型フリードから、4WDはハイブリッドにも設定可能となり、さらにホンダの最先端4WDシステム「電子制御リアルタムAWD」を採用するなど大幅な改善がなされています。

 

また、装備の面でも優遇されており、価格アップはするものの、旧型よりも検討の価値があるものに進化しています。

 

ここでは、新型フリードの4WDについて徹底解説します。

 

フリードのハイブリッドは史上初の4WD設定アリ

新型フリードはガソリンモデルだけでなく、ハイブリッドにも4WDの設定があります。そのため、以前までだったら4WDを希望しているためハイブリッドを諦めていたドライバーでも、フリードならハイブリッドが選択肢に入るのです。

 

新型のハイブリッド車を開発するうえで、ハイブリッドの駆動用バッテリーをどこに配置するかがその車種の特徴を決定するといっても過言ではありません。旧型のハイブリッドフリードでは、IPU(インテリジェントパワーユニット、駆動用のバッテリーやハイブリッドシステムのコントローラーユニット)は荷室の床下に配置されていました。そのため後輪側にスペースがなく、4WDが設定できなかったという過去があります。

 

しかし、新型フリードからはIPUがフロントシートの下に配置されるようになりました。また、ボディのマルチシェル骨格が改善されるなどの効果もあり、後輪側にスペースが生まれ、ハイブリッドのコンパクトカーミニバン史上初の4WD設定が可能となったのです。

 

どうしてIPUが移動できたのか? その理由は、IPUそのものの改良にあります。IPUパッケージを再設計し、前後の長さをサイズダウンしたバッテリーを採用したり、パワーコントロールユニットの機能統合などで容積を15%ダウンしたのです。しかも4WD用IPUはFF用とは別設計となり、プロペラシャフトの入り込むスペースを作るために鞍型形状となっています。

 

さらに、IPUは空冷式で冷やす必要があり、従来はリヤシートから荷室までの排気ダクトが設置されていました。しかし前席下だとそうもいかないため、運転席の下から吸気するメカニズムを新設計。排熱はスライドドアの戸袋から出し、室内に戻すようになっています。

 

ホンダ最新のAWDシステムを採用

旧型フリードでは、フィットなどで使われるビスカス式の4WDを採用していましたが、新型ではヴェゼルやCR-VなどのSUVに採用されている、最新式の「電子制御リアルタイムAWD」が採用されています。電子制御のため、車両には各種センサーが搭載されており、その情報をもとに路面状況やドライバーの運転を検知して後輪の駆動力をリアルタイムにコントロールすることができます。

 

その結果、例えば雪道などで路面が滑りやすいシチュエーションでも、前輪がスリップするまでの間に後輪へ駆動力を伝え、発進やコーナリング、登坂などの状況でも滑りにくいようサポートを行うことができるのです。

 

また、アクセルをオフにした状態でのコーナー侵入時は、駆動方式をFFに切り替え、アンダーステアを抑えて曲がりやすくします。その後徐々に4WDへと移行を行い、路面状況や運転操作に応じて前後の駆動力を分配します。

 

なお、ヴェゼルと同様のシステムではありますが、電子制御のセッティングは調整されており、スポーティな走りができるヴェゼルとは違い、大人数乗車や滑りやすい路面での運転のサポートに特化された作りになっているようです。

 

フリードのFFと4WDの価格や装備の違い

一般的に、4WDはFFに比べて駆動システムが複雑なため、価格も高くなっています。新型フリードでもそれは同じで、価格アップは避けられません。

 

パワートレーン種別 FFと4WDの価格差
HYBRID B 216,000円
HYBRID G ホンダセンシング 232,200円
ガソリンエンジン 216,000円

 

 

↑はFF→4WDの価格差一覧となります。価格アップ幅は216,000円~232,200円となるため、やはり4WDを選んだ際は車体価格が高くなることは覚悟しなければいけないでしょう。

 

とはいえ、パワートレーン別にみると違う事実が見えてきます。というのも、すでに説明した通り、ハイブリッドの4WDはIPUの改良、さらには4WD専用のIPUの新設計など、さまざまな手間がかかっています。したがって本来ならガソリンエンジンモデルよりもさらに価格アップしてもおかしくありません。

 

しかし、表を見てもわかるとおり、HYBRID Bについては価格アップはガソリンタイプと同じ、HYBRID G ホンダセンシングにしてもガソリンタイプと比べて16000円程度の価格アップにとどめています(HYBRID EXは4WDなし)。

 

史上初のハイブリッド4WDが、ガソリンタイプと変わらないか、少しの価格アップで利用できるというのはかなりのお得感があります。そのため、「ハイブリッドが欲しかったけど、4WDがないから諦めていた」という人にとっては非常にうれしい価格設定となっているのです。

 

FFと4WDの装備の違い

また、新型フリードでは、一般的な車と違い、4WDにすることで装備面での優遇が見られます。

 

Cパッケージ装備状況

装備名

4WD車

FF車

プラズマクラスター付きエアコン

標準装備

Cパッケージ

両側ロールサンシェイド

標準装備

Cパッケージ

IRカット/UV カット機能付フロントウィンドウ、フロントドアガラス

標準装備

Cパッケージ

コンフォートビューパッケージ

標準装備

Cパッケージ

※Cパッケージ:\49,100

 

↑の表のとおり、メーカーオプションパッケージの「Cパッケージ」は、FF車の場合メーカーオプション料金が必要ですが、4WD車では標準装備となるのです。およそ5万円分のパッケージオプションが標準搭載となるので、実質的な4WDの価格アップは15万円程度に抑えられると考えていいでしょう。

 

その他のメーカーオプション状況については↓をご参照ください。

 

>>おすすめメーカーオプションやパッケージオプションのまとめ

 

燃費面でのコストアップ

4WDにすると、FFよりも燃費性能は落ちてしまいます。そのため単に車体価格が上がるだけでなく、トータルコストとしても負担が増える面はあります。なので、4WDを選択する場合は、燃費費用の面についても考えておく必要があります。

 

FFと4WDの燃費性能差については下記の記事で説明しています。

 

>>フリードの燃費は悪いってホント?実燃費は?

 

新型フリードの4WDまとめ

このように、新型フリードからはハイブリッドにも4WD設定が新設され、性能面でも大幅な向上を果たしています。

 

その代わり、4WDを選ぶ場合はコスト面でのアップは避けられないので、ディーラーでの値引き交渉などで、車体価格などを引き下げる努力も必要です。フリードの値引き交渉については下記ページで解説しているので、コストカットの参考にしてください。

 

>>フリードの値引き【総額50万円安く買う方法】

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/