女性向け情報|運転のしやすさなどを総合評価!

フリードは女性にとってどうなの?

フリードが新型にモデルチェンジして、注目を受けています。購入検討中のドライバーも多いことでしょう。

 

そこで気になるのが、「フリードは女性にとってどうなの?」「運転はしやすいの?」といった疑問だと思います。

 

ここでは、女性にとっての利点・欠点や、運転のしやすさなどについて評価していきます。

 

フリードのデザイン

まずはじめに気になるのが、フリードの「見た目」、デザイン面についてだと思います。

 

 

全体的に落ちついたデザインとなっており、最近はやりの角ばった男性的なデザインは採用されていません。独特なデザインとは言えないため、クールでプレミアム感のあるデザインを好む男性にとってはイマイチかもしれませんが、その反面女性でも安心して乗り回すことができるデザインと言うこともできるでしょう。

 

 

また、ボディカラーバリエーションについても、流行りのパステルカラーをしっかり押さえており、見た目をかわいらしく演出することができます。

 

>>人気の高いボディカラーランキングと各色の魅力解説

 

運転のしやすさ、視認性について

デザイン面が良くても、運転がしにくい車は女性にとってはうれしくありません。では、新しいフリードは「運転のしやすさ」についてはどうなのでしょうか?

 

運転席周り

 

 

フリードの運転席まわりは変わったところがなく、インパネやシフトレバーなどの配置もコンパクトにまとまっているため、視線の移動や操作のしやすさなどがしっかり考えられている設計となっています。デザイン面でも調和が取れているため、内装のチープさも感じさせません。

 

また、全長や全幅も5サイズナンバーにきっちりと収まっており、最小回転半径は5.2mとコンパクトカー並み。さらに最近多いリヤウィンドウの縮小などもそれほど見られず、バックでの駐車のしやすさも利点の1つと言えます。

 

もちろん、これまで軽自動車やコンパクトカーに乗っていた場合、どうしてもサイズは大きくなるため車体の感覚をつかむまでには少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば運転の苦手な女性でも十分乗りこなせるようになるはずです。

 

うれしい紫外線対策

男性だとあまり注目しない点ですが、女性にとっては気になるのが「紫外線対策」です。

 

装備名

対応グレード

UVカット機能付きフロントウィンドウ&フロントドアガラス

全車標準装備

IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付きフロントウィンドウ&フロントドアガラス

Cパッケージに含まれる

 

ここ最近、ウィンドウにUVカットを機能を付けたクルマは多いですが、新型フリードでも全車標準装備となっています。また、Cパッケージ(メーカーオプションパッケージ)を申し込むことで、IRカットも追加され、さらに機能が強化されます。

 

>>おすすめメーカーオプションやパッケージオプションのまとめ

 

子育てサポート機能

また、子育て中のママなら、子どもにとっての機能面はどうなのか?ということも気になるはずです。

 

安全機能

子どものために注意したいのはなんといっても「安全機能」です。

 

フリードは「ホンダセンシング」というホンダならではの安全機能パッケージに対応しています。これは、2種類のレーダーで障害物検知を行ない、衝突防止や衝撃軽減、運転支援などを行うことができる機能です。

 

また、ホンダセンシング以外にも、2列目~3列目のSRSサイドエアバッグ(メーカーオプション)や横滑りを防止するVSA(車両挙動安定化制御システム)などを全車標準搭載しており、さまざまな局面での安全性を確保することができます。

 

>>ホンダセンシングやフリードの安全性能情報

 

オートスライドドア

小さな子供や高齢者にとって、手動のスライドドアは重くて扱いにくいものです。そこで必要なのがオートスライドドア。ボタンを押すだけで自動的にスライドドアが開くので、子どもや高齢者でもラクラク乗降することができます。

 

フリードの場合、最廉価の「B」「ハイブリッドB」以外は両側パワースライド対応(「G」グレードのみ右側はメーカーオプション)となるため、少なくとも助手席側からであればすばやく乗降が可能となります。

 

荷室

子どもと買い物にでかけたり、家族でレジャーに行ったりする場合は、荷室の大きさも重要な要素となります。

 

フリードは3列目まであるので、大人数で出かける場合はあまり荷物が積み込めませんが、家族4~5人くらいででかける場合は3列目シートを畳めるので、大きな荷室空間を作り出すことができます。

 

2列目まで畳んだ場合は広大な荷室スペースができるため、小さめの自転車などを積み込むこともでき、マウンテンバイクの大会などに連れて行く場合にも活躍します。

 

しかも、シートアレンジするのに力が必要ないよう工夫されているので、女性の力でもラクラク2~3列目のアレンジができるのも強みです。

 

>>荷室の広さは?ゴルフバッグや自転車は入る?
>>シートアレンジ紹介|2列目と3列目の使用感と車中泊

 

フリードのコスト評価

女性にとって最も気になるのが、「価格」「コスト」についてかもしれません。フリードの燃費や車体価格についても評価してみましょう。

 

燃費コスト

 

フリードの燃費性能

ハイブリッド 25.2~27.2km/リットル
ガソリンエンジン 17.6~19.0km/リットル

 

フリードの燃費コストはコンパクトミニバンの中ではトップクラスの数字です。ハイブリッドに関しては、今人気のミニバンで、フリードのライバルでもある「シエンタ」とまったく同じ性能となっており、高い経済性を誇っています。また、ガソリンエンジンモデルについても、シエンタほどではないにしろ、その他のミニバンに比べればずっと性能は上です。

 

>>フリードの燃費は悪いってホント?実燃費は?

 

フリードの車体価格

いくら燃費が良くても、車体価格が高ければ意味がありません。

 

その点、フリードは188万~225万円と、シエンタの190万円~232万円に比べると若干低価格となっています。車体価格、燃費ともにローコストの、女性にうれしい車がフリードと言えるでしょう。

 

とはいえ、オプションを含めると220万円程度の予算は用意しなければならず、軽自動車やコンパクトカーに比べると高いというのが実情です。フリードはディーラーで値引き交渉をすることでコスト削減ができるので、交渉はぜひチャレンジしてみてください。

 

↓の記事では女性でもかんたんにできるフリードの値引き交渉解説をしています。一度見てみてください。

 

>>フリードの値引き【総額50万円安く買う方法】

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/