新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

フリードの試乗をしました!

2016年にモデルチェンジした新型フリードの試乗レポートを行います。モデルチェンジ後ということで対応ディーラーはまだ少なかったですが、幸い試乗車を確保することができました。

 

 

今回試乗したのが、新型フリードガソリン車とハイブリッド車の2台。旧型フリードとの違いも交えつつ、「運転性能」「シートアレンジ」「荷室空間」などの観点から試乗レポートをお届けします。

 

フリード試乗で運転性能について評価

 

運転席周りの評価

 

 

フロントドアの質感はそこそこといったところです。コンパクトカーよりは重厚感がありますが、さすがにMサイズミニバンのような質感はありません。

 

 

ただ、運転席への乗降性は良好。座面がそれほど高くないので、ミニバンのような「登って乗る」という感じはあまりありません。

 

 

運転席周り。良いなと思ったのは「テレスコピックステアリング」で、先代では上位グレードのみだったのが、今回は全車標準装備となりました。ハンドル位置の調整ができるため、夫婦で乗り回したりする際は重宝しそうです。

 

また、旧型フリードでは無駄な空間になっていたインパネアッパー部にインパネアッパーボックスが設置され、メモ帳やサングラスなどさまざまなものを収納できるのも、良い工夫だなと感じました。

 

 

↑運転席右部には「ホンダセンシング」の操作パネルを用意。機能ごとにオン/オフができます。ホンダセンシングも、「この機能はいいけど、これはいらない」という部分があるかもしれないので、これはよい配慮です。また、ETC機器もここにすっきり配置されています。

 

 

シフトレバーはナビの真下に配置。ステアリングから近いのでスムーズに操作できるほか、意外と質感もよくチープ感はありません。

 

運転性能の評価

 

ガソリンエンジン車はL15B型の1500ccエンジンを積んでいますが、CVTなどがバージョンアップされたためか全体的によく回るようになっており、運転感覚は旧型に比べて大幅によくなっている印象。アクセルを適切に踏み込んでいけば、そのぶんスムーズに最適な回転数に誘導してくれるイメージです。

 

もともと持ち味だった滑らかさは保ちつつ、応答も鋭くなっているため、CVTにありがちな「後追い感」もなくなり、スムーズに加速していく形ができています。また静粛性についても改善されているように感じました。

 

ハイブリッドはアトキンソンサイクルのLEB型1500ccエンジンとモーター出力からなるパワートレーン。モーターなどが増える分車重は1400kgを超えてきますが、モーターが追加されることによってトルクや加速はかなりパワフルです。低速域でも扱いやすく、今回は2名で乗車しましたが、大量乗車でも余裕のある走りが期待できそうです。

 

ECONモードを選ぶとエンジンが停止し、モーター走行になります。試してみましたが、速度を60km/h程度出してみてもかなりの安定性で、しかも静粛性も抜群。聞こえてくるのは風とロードノイズ程度で、本当に60km/h出ているのかと疑いたくなるほどでした。EVモードの走行安定性については、ライバルのシエンタ以上と言えるでしょう。

 

加速時はエンジンが始動しますが、先進トランスミッションのDCTを採用しているからか気持ちのいい加速が体感できます。DCTといえばフィットのときはトラブル続きで問題になっていましたが、さすがにノウハウが蓄積されてきたな、という感覚です。

 

足回りに関しては、フリードのガソリン・ハイブリッドともにやや固めの印象。ただミニバンというとどうしても柔らかめのグニャグニャした印象を持つので、それが嫌いという人にとっては好みの感覚を味わえるでしょう。硬いからと言って乗り心地が悪いというわけではなく、どちらかというと「頼もしい」という感じなので、2~3列目に乗車していても不快感はありません。今回は街乗り中心だったのでそれほど高速コーナリングは試していませんが、実際に使い込んでいくと高速走行中に足回りの強さを感じることがあるはずです。

 

総評としては、

 

  1. ガソリンエンジン車…パンチ力があり、ドライバーの意思をすばやくキャッチする応答性能
  2. ハイブリッド車…安定性があり、トルクや加速が頼もしい

 

という特徴があるように感じました。

 

フリードのシートアレンジの試乗レポート

次に、新型フリードのシートアレンジや乗り心地についての試乗レポートです。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

運転席・助手席の間には何もないため、7人乗りなら2列目、6人乗りなら2~3列目へのウォークスルーが可能です。アクセス性が高く、例えば助手席に座っていたママが素早く2~3列目のチャイルドシートに行って世話をする、といったことが可能になっています。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

自動パワースライド対応グレードであえば、ドアレバーを軽く引くだけでスライドドアが開くので、子どもや高齢者でもドアの開閉はラクラク。地上高はおよそ350mmとコンパクトミニバンの中ではかなり低く(シエンタは390mm)、低床路線バス並み。なので乗り降りに関してもかなりしやすくなっています。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

2列目シートのスライドレバーはシート脇に設置(画面は7人乗りシート)。そのためスライドをするにはいったん外に降りる必要があります。また、女性でも動かせる程度にはスライドは軽いですが、子どもや高齢者だとスライドはやや厳しいかもしれません。高齢者を乗せる場合は、あらかじめスライドをしてあげたほうがいいでしょう。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

↑7人乗りシートは2列目がベンチシートなので、3列目乗車のためには跳ね上げる必要があります。ただ、これはワンタッチで勝手に作動するので、力は一切不要。いちいち跳ね上げて乗車するのは少々面倒ですが、難しくはありません。

 

6人乗りだと間にスペースがあるので、2列目シートを跳ね上げなくてもかんたんに3列目乗車が可能です。なので、跳ね上げ作業が面倒な場合は6人乗りを選んだほうがよいでしょう。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

↑2列目シートの乗車視点画像。2列目スライドにもよりますが、足元空間はそれなりに広く、快適性も保たれています。荷室の使い方に合せて適切に調整できる柔軟性はありがたいです。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

↑3列目シートの乗車視点画像。正直なところ2列目が近すぎて狭苦しさはあります。ただフリードは通常のミニバンに比べて全長が400mm程度短いので、仕方がない面があります。フル乗車する場合は、小さな子供を3列目に座らせたり、2列目をできるだけ前にスライドするなどして工夫する必要があるでしょう。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

収納については、各シート脇にドリンクホルダーなどが設置されており、必要十分は満たしています。

 

フリードのシートアレンジの詳細情報については、↓の記事をご覧ください。

 

>>シートアレンジ紹介|2列目と3列目の使用感と車中泊

 

新型フリードの荷室試乗レポート

 

次に、新型フリードの荷室試乗レポートを行います。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

↑は3列目フル使用の場合の荷室。奥行きは300mm程度で、ゴルフバッグなどの大荷物は積み込めませんが、B型ベビーカーなら畳めば何とか入るといったところ。買い物袋程度なら問題なく積み込めるでしょう。

 

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)

 

3列目シートは左右跳ね上げ式となっており、畳めば結構広い空間が出現します。↑の画像は2列目も畳んでみたシチュエーションとなっており、奥行きは1メートル程度確保できます。この状態であれば、2~3列目に2~3人座ってなおかつ長尺荷物を積む、といったことも可能となり、さまざまな状況に対応できるはずです。もちろん、2~3列目を完全に格納すれば、ゴルフバッグは小さめの自転車などを積み込むこともできます。

 

なお、3列目シートの跳ね上げは若干力が必要でした。特にベルトを固定する場面で押さえる力が必要なので、子どもや高齢者には難しいでしょう。

 

その他、荷室の詳細なスペックなどについては↓のページで徹底解説しています。

 

>>荷室の広さは?ゴルフバッグや自転車は入る?

 

フリード試乗時はここを見よう!

 

これから実際にフリードを試乗しに行こうという人に、注意しておいてほしいことがあります。それは、「ナビ」についてです。

 

フリードのナビについては、大まかにわけて↓の2種類の選択肢があります。

  1. Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器
  2. ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器

 

このうち、「Hondaインターナビ」については、メーカー標準のナビとなります。試乗車によっては装着されているので、このナビの使い勝手も確認しておいてほしいのです。

 

というのも、この「Hondaインターナビ」は、7インチサイズとなります。今トレンドなのは8インチ以上の大サイズナビなので、安易に「Hondaインターナビ」を選択してしまうと、「なんだか小さい」「標準ナビはやっぱり使いにくい」といった感想を持ち、後悔してしまうかもしれないのです。いったん「Hondaインターナビ」を選ぶと、ナビの交換が難しくなるので、選択するかどうかはしっかりと検討してください。

 

2種類のナビの解説

では、この2種類のナビについて解説します。

 

Hondaインターナビ

新型フリードの試乗レポート!(画像大量)
Hondaインターナビは、メーカー標準の7インチナビです。「リンクアップフリー」というホンダのデータ管理ツールが付いており、リアルタイム最適ルート検索機能などが利用できます。

 

スマートフォンとの連携機能がウリの1つで、スマートフォンアプリから給油やメンテナンスの記録を取ったり、ルート検索ができるなどの機能を備えています。

 

ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器

こちらはナビのステアリングスイッチや、バックカメラなどがが搭載されるセットオプションですが、ナビはついていません。8インチ大サイズナビを使用したい際に選ぶセットオプションで、ナビ代金は別途必要となります。

 

Hondaインターナビと装着用パッケージの両方とも、

 

・ノーマルビュー

 

・ワイドビュー

 

・トップダウンビュー

 

↑「リアワイドカメラシステム(3ビュー切り替え式)」によって、3種類の表示での後方確認が可能になります。

 

「マルチビューカメラシステム」のうち、後方支援だけに特化したような機能となっています。

 

※マルチビューカメラシステム、および「Hondaスマートパーキングアシストシステム」はありません。

 

価格はどっちがお得?

気になるのが価格面となります。Hondaインターナビを選ぶと、車体価格は20万円程度高くなります。「ナビ装着用スペシャルパッケージ」は4万円相当となり、ナビ本体は最安値9万円程度なので、価格を重視するならHondaインターナビは避けたほうがいいでしょう。

 

ただ、ナビの画面サイズ数を上げたい場合、ナビの価格が上がるので総額としては差がないということになります。なので、大サイズナビを使用したい場合、Hondaインターナビとの価格差はほとんどないことになります。

 

以上を考慮すると、この2種類のナビが向いている人は以下のとおりです。

 

Hondaインターナビ 別途購入ナビ
・スマホ連携などネット機能が充実したナビが使いたい人。

・大サイズのナビに付け替えたい人。
・安いナビを付けて価格を抑えたい人。

 

このように、ナビについては自分好みのものを事前に考えておいたほうがよいです。そのためにも、フリード試乗の際に「Hondaインターナビ」装着車を指定し、試乗中にナビの使用感もチェックしておいたほうがいいのです。

 

フリード試乗によって商談が有利に!

今回、フリードを実際に試乗する前に、別のホンダディーラーでフリードの見積もりを取ってみました。

 

フリード値引き交渉の実際の見積書

 

※画像タップで拡大

 

↑は実際の見積書ですが、フリードについては初回交渉時には全く値引きが付きませんでした。値引きについて聞いてみても、「フリードは新型だから、値引きは厳しい」とのことでした。

 

ですが、フリードを実際に試乗し、そのディーラーで初回交渉をしたところ、営業マンは「値引きは厳しいけど、もしかしたらある程度は勉強できるかも」と言って、指を1本立ててきました。指1本はようするに10万円引きくらいなら・・・という意味なので、試乗しなかった場合に比べてずいぶん譲歩してくれたことになります。

 

これは、フリードを実際に試乗して、いろいろ営業マンと話すことにより、相手からも「この人は実際に買うかもしれない」と思わせることができたからだと推測されます。

 

なので、もしフリードを値引き購入したいなら、まずは試乗をして、営業マンと仲良くなっておくことが重要となります。

 

ですが、ただ仲良くなるだけで値引きされるわけではなく、実際にはいろいろな交渉テクニックが必要です。そのテクニックについては、↓で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

>>フリード値引き交渉トップページ

愛車の買取相場は必ずリサーチ

フリードを買うなら、その前に現在所有している愛車の買取相場は必ず調べましょう。そうしないと、ディーラーで提示される下取り額が安くても気づかずに、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/